保育所の保育士が不足している
保育所の保育士が不足している

保育所の保育士が不足している

保育士の待遇

保育士不足が生じている理由の1つは待遇です。現在の保育士の待遇が特に都市部で悪くなっているのです。地方においてはそもそも時給の基準が低いため、保育士の待遇はそれほど悪くないのですが、都市部では保育士不足が続いているにも関わらず待遇が悪化しているために辞めてしまう人が多いです。

どうして保育士の待遇が悪くなっているのでしょうか。これはたとえば国があまりお金を出さないのが理由となっています。本来であれば国がしっかりと補助をするべきなのですが、保育士の問題というのは高齢者はあまり関心がないのです。そして、選挙の際には高齢者の数の方が多いため、どうしても保育士の問題が後回しにされてしまいます。

また、民間が保育所の経営に参入する場合には、コスト削減をするために保育士の給与を下げるというケースが多いです。これも保育士の給与が低くなってしまう原因の1つとなっています。

保育士の数が不足するとさらにそれぞれの現場の保育士に負担がかかり、待遇も悪くなるため、辞めてしまう人が増えてしまうでしょう。このような悪循環が起きているのです。そのため、早く保育士の待遇を改善させなければ、保育士不足は深刻になってしまうでしょう。そのために国の方ではさまざまな対策を実施しています。