保育所の保育士が不足している
保育所の保育士が不足している

保育所の保育士が不足している

解決策について

保育士不足を解消するためにさまざまな対策が実行されています。たとえば厚生労働省は子ども・子育て支援新制度というものをスタートさせており、これによって民間の保育士は給与が改善されています。また、公務員給与の見直しをすることによって、公務員の保育士の給与も改善されてきているのです。

また、保育士として職場復帰をしたいと考えている方へのサポートも実施しています。保育士としての復帰をサポートするための研修を開催しています。これによってブランクのある保育士がスムーズに職場復帰できるようになるのです。

地方自治体でも独自の対策を実施しているケースは多いです。主に保育士の給与を上げたり、補助金を出すという施策を実施しているのです。これによって実際に保育士の数を増やすことに成功した地域もあります。

保育士の数を増やすことによって、待機児童問題も解決されていくでしょう。保育所が不足しているのは、そもそもそこで働く保育士が不足していることにも原因があるからです。保育士不足の解消をするために国は真剣になっています。これから先はどんどん保育士の待遇が改善されていくでしょう。より保育士が働きやすい環境となり、多くの働き手を確保できるようになるのです。そうなれば、保育所は保育定員を増やすことができるでしょう。